Entries

さくらアイコン1 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらアイコン1 クラスで一人か二人は死ね。


 子どもは10mSv/年目安 [毎日]

子どもの被曝限度を、「従来の大人の被曝限度」の10倍に引き上げ、10mSv/年とするらしい。
この限度内であれば、学校も再開するとのこと。

今度もたぶん、「ただちに」健康には影響は無いと、枝野は言うだろう。

そんなキチガイは無視するとして。
この新しい被曝量は、本当はどのくらい健康に「長期的に」影響があるのだろうか?

北里大学病院放射線部によれば(人体に対する影響-確率的影響 の表を参照)

  1mSv/年を0歳~生涯継続 ガン死亡率 0.4 %

である。
ということは、新しい限度基準は、

  今の子供はガンで4%くらいは死ね。 クラスで一人か二人は死ね。

という意味になる。

さらに、子供は放射線感受性が5~10倍高いからもっと数値は上がるだろう。
また、これはガン“死亡”率である。
ガン“罹患”率となると、もっともっと数が多いことは自明である。

交通事故での死亡率がざっくり約0.005%くらい。(=2万分の一くらい)
それと比べて1000倍近く高くても政府は許可する、ということだ。しかも子供に対して。
欧州放射線リスク委員会の試算では、今後10年で21万人以上、今後50年で42万人以上がガンで死亡するという結果が出ている。


今回の原発災害は、明らかに人災だ。

・災害の主たる原因は、立地選択の間違い、地震・津波対策の不備である。
 それは、明かに東電経営陣の判断の範疇であり、それは「故意」である。

・災害の拡大の主たる原因は、官邸他、民主党政権の能力不足、判断ミスである。


このキチガイ達は、いったいどれだけの日本人を殺せば気が済むのか?

いったい日本人はいつまで、このような殺人鬼を存在させておくつもりなのか?

それは、これからの我々一人一人の行動にかかっている。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

 管理者へのみ送る場合はcheck | 非公開コメント:投稿可能です。

プロフィール

あしや

Author:あしや
【経営コンサルタント】
R&D,IT,ストラテジー等が専門。

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。