Entries

さくらアイコン1 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらアイコン1 十数件のメール。


先日、ある県のテレビのローカルニュースで流れた話。

 「市(県庁所在地)が、福島県のガレキ処理を受け入れないことを決定した」

との事。
理由は、十数件の反対メール。

前回の福岡のニュースでは施設側の判断だったが、こちらのは市としての判断。
ポイントは、両方とも。「十数件のメール」、というところだ。

手前味噌ながら、この「十数件」の中には、私が送ったメールが含まれている。

福島ガレキを受け入れれば、県民/市民の健康被害の懸念が払拭できず危険である、
放射性廃棄物であればその処理には大変手間と費用がかかる等々。
できるだけ論理的にかつ丁寧に書くことを心がけて、市の担当部署等へ送った。


そう。
国はともかく地方行政は、十数件くらいのメールでも応えてくれるのである。


実際、特に地方都市や市町村では、やれあそこの道路が危ないから歩道を作って欲しいだの、やれこんな設備を充実させろだの、やれ使い勝手が悪いからサービスを変更しろだの、かなり身近な(個人的な)要望も聞き入れて、予算をつけて実現してくれる。
(予算消化ノルマのせいもある。当初の予算を消化できないと翌年から減額されてしまう。)

そう。
地方行政は、結構われわれの少ない意見でも耳を傾けてくれるのである。


まだ、あきらめてはいけない。
微力ながら、我々にもできることはあるのだ。

権威や肩書きを盲信するのではなく、自分の頭で考え、自分の心で判断して、自分の力で行動すれば、行政も動かすことができるのである。


あきらめてはいけない。

この国は、まだ我々の国なのだから。


 ← ポチッとしていただけると励みになります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

 管理者へのみ送る場合はcheck | 非公開コメント:投稿可能です。

プロフィール

あしや

Author:あしや
【経営コンサルタント】
R&D,IT,ストラテジー等が専門。

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。